• トップページ
  • 費用
  • 金融業者の対応・過払い返還
  • 事務所アクセス
  • 代表者紹介
  • 無料相談・お問い合わせ
  • HOME
  •        
  • 当事務所の解決ポリシー
  
  • アコムへの過払い請求
  • アイフルへの過払い請求
  • プロミスへの過払い請求
  • レイクへの過払い請求
  • CFJへの過払い請求
  • UFJへの過払い請求
  • クレディセゾンへの過払い請求
  • エスポカードへの過払い請求
  • オリコカードへの過払い請求
  • ポケットカードへの過払い請求
  • シンキカードへの過払い請求
  • 業者一覧
  • 多重債務でお困りの貴方へ
  • 過払い請求をお考えの貴方へ
  • 債務整理の流れ
  • 任意整理
  • 過払い金
  • 自己破産
  • 個人民事再生
  • 解決事例
  • 最高裁判例
  • よくあるご質問
  • 代表者の声
  • 当事務所の解決ポリシー
  • 無料相談の流れ
  • 手続費用
  • お客様の声
  • 事務所アクセス
  • プライバシーポリシー
  • リンク
BLOGへアクセス
無料相談ダイヤル
司法書士 三谷耕三

司法書士 三谷耕三
東京司法書士会所属 第3887号

事務所イメージ

三谷司法書士事務所
東京都世田谷区北沢
2-10-15
下北沢ハイタウン4F

最寄り駅:小田急線・京王井の頭線
下北沢駅南口徒歩1分

無料相談ダイヤル

世田谷区 杉並区 中野区 新宿区 渋谷区 目黒区 大田区 品川区 その他東京23区の方の債務整理・過払い請求

狛江市 調布市 稲城市 多摩市 町田市 三鷹市 府中市 立川市 八王子市 その他東京都下の方の債務整理・過払い請求

川崎市(多摩区 麻生区 宮前区 川崎区 高津区他)横浜市 (中区 西区 南区 神奈川区 港北区他 )その他神奈川県下の方の債務整理・過払い請求

埼玉県 千葉県 栃木県 茨城県 群馬県 静岡県の方の債務整理・過払い請求を承ります。
その他の地域の方もご相談下さい。

無料相談フォーム
QRコード

携帯電話でQRコードを読み取ってアクセスして下さい。

相続サイトへ

当事務所では、以下の3つのポリシーをもって、日々の業務に真剣に取り組んでおります。

3つのポリシー

1.司法書士が手続き・費用の充分な説明をして納得スタート ご相談は無料!

ポリシー紹介写真

司法書士が、ご相談やご依頼(原則、面談が必要)の際に、充分な説明をして、信頼関係を築き、スムーズに手続きを進めていくことから始めていきます。債務整理についてのご相談は無料です。

債務整理を依頼するかどうか、迷っていらっしゃる方の中には、債務整理の手続や費用の支払いに対して、不安を抱いている方が多いようです。

しかし、債務整理の手続に関しては、依頼者の側が、私たちの債務整理の説明を理解し、自分の債務に向き合って、守るべきことを守っていただけたら、私たち専門家が依頼者に代わって手続を進め(依頼者本人に来ていただく場合もあります。)、依頼者は自分の仕事や生活に専念することができます。

そして、手続きのメリット・デメリットについての充分な説明を受ければ、事前に抱いていた不安のほとんどが取り払われてしまいます。債務整理の費用の支払いに関しても、依頼者が支払うことのできる範囲での分割払いのご相談に 応じています。どうぞ、安心してご相談下さい。

2.依頼者の利益を守る徹底交渉 過払い金があれば積極的に訴訟提起!

債務整理手続が進むと、残債務の確定やその返済方法・過払い金返還などについて、貸金業者等と詳細に交渉していくこととなります。

その際に、私たちが心がけるのが、依頼者側の有利・不利になる点を把握して、可能な限り業者の言い分に屈せず、依頼者の利益を守ることです。

債務整理の方法については、すべてが法律によって取り決められているわけではなく、判例にも、 貸金業者に有利なものも数多く出ています。時には、業者と私たちの言い分が大きく食い違ってしまう場合が出てきます。

私たちは、借主に絶対的有利となる平成18年の最高裁判決がでる前から、債務整理や過払い金返還請求を手掛けて、貸金業者と争いながらやってきました。

再スタートを切り、生活を立て直そうとしている数多くの依頼者の方のためにも、安易な妥協をせず、業者の言い分に屈せず、依頼者の利益を守ることを心がけて、1件、1件、真剣に日々の交渉を続けてきたのです。

過払い金の回収が見込まれる場合、依頼者にとって、訴訟の方が効率的で、費用対効果でも有利だと判断した場合は、理解を得たうえで、積極的に訴訟を提起して解決します。
事案によっては、徹底的に争い、主張していきます。

また、残債務の支払いが困難な方からのご依頼の場合、その事情等(失業中、一時的に収入が減っているなど)を勘案しながら、業者へ理解を求めつつ、依頼者に不利にならないように、時間をかけて解決しております。

3.費用は分割払いOK! 過払い金から報酬の後払いなど柔軟対応

債務整理の費用の支払いについては、分割払いはもちろん、話し合いのうえ、依頼者の事情に応じた個別の対応をしております。

相当額の過払い金が見込まれる場合、費用のうち報酬の支払いについては、交渉や訴訟によって取り戻した過払い金から後払いするという選択も可能にしております。

費用を分割払いする場合は、最初のご相談の際に、依頼者の収入・支出の状況から、債務整理に充てられる毎月の金額(貸金業者等への返済額や司法書士への費用)を大まかに決め、その範囲内でのお支払いの計画を立てていきます。

最初に、可能であると予測できる範囲を設定し、その範囲内でお支払いをしていただきながら、その後の家計の収支の状況をチェックしながら、状況に応じて変更(減額または増額)していくことも可能にしております。

以上のようにしているのは、債務整理にかかる費用が、債務整理そのものを妨げてはならないという考え方からです。

債務整理費用の支払いについて、不安な場合は、まずはご事情をご相談下さい。

メールフォームはこちら
TOPに戻る