• トップページ
  • 費用
  • 金融業者の対応・過払い返還
  • 事務所アクセス
  • 代表者紹介
  • 無料相談・お問い合わせ
  • HOME
  •        
  • 昭和52年6月20日最高裁第二小法廷判決(民集31巻4号449頁・判例時報856号3頁)
  
  • アコムへの過払い請求
  • アイフルへの過払い請求
  • プロミスへの過払い請求
  • レイクへの過払い請求
  • CFJへの過払い請求
  • UFJへの過払い請求
  • クレディセゾンへの過払い請求
  • エスポカードへの過払い請求
  • オリコカードへの過払い請求
  • ポケットカードへの過払い請求
  • シンキカードへの過払い請求
  • 業者一覧
  • 多重債務でお困りの貴方へ
  • 過払い請求をお考えの貴方へ
  • 債務整理の流れ
  • 任意整理
  • 過払い金
  • 自己破産
  • 個人民事再生
  • 解決事例
  • 最高裁判例
  • よくあるご質問
  • 代表者の声
  • 当事務所の解決ポリシー
  • 無料相談の流れ
  • 手続費用
  • お客様の声
  • 事務所アクセス
  • プライバシーポリシー
  • リンク
BLOGへアクセス
無料相談ダイヤル
司法書士 三谷耕三

司法書士 三谷耕三
東京司法書士会所属 第3887号

事務所イメージ

三谷司法書士事務所
東京都世田谷区北沢
2-10-15
下北沢ハイタウン4F

最寄り駅:小田急線・京王井の頭線
下北沢駅南口徒歩1分

無料相談ダイヤル

世田谷区 杉並区 中野区 新宿区 渋谷区 目黒区 大田区 品川区 その他東京23区の方の債務整理・過払い請求

狛江市 調布市 稲城市 多摩市 町田市 三鷹市 府中市 立川市 八王子市 その他東京都下の方の債務整理・過払い請求

川崎市(多摩区 麻生区 宮前区 川崎区 高津区他)横浜市 (中区 西区 南区 神奈川区 港北区他 )その他神奈川県下の方の債務整理・過払い請求

埼玉県 千葉県 栃木県 茨城県 群馬県 静岡県の方の債務整理・過払い請求を承ります。
その他の地域の方もご相談下さい。

無料相談フォーム
QRコード

携帯電話でQRコードを読み取ってアクセスして下さい。

相続サイトへ

最高裁判例

昭和52年6月20日最高裁第二小法廷判決(民集31巻4号449頁・判例時報856号3頁)

【事案の概要】

拘束された即時両建預金600万円がある場合、貸付金合計1150万円に対し「実質金利」をどのように判断するか。

【判決内容】

「右取引条件の故に実質金利が利息制限法1条1項所定の利率を超過する結果を生じ、ひいては遅延損害金の実質的割合も同法4条1項所定の割合を超過する結果を生じてしまっている以上、右超過部分は、同法の法意に照らし違法なものとして是正しなければならない。
その方法としては、前記各即時両建預金が存在しているため実質金利が利息制限法に違反する結果を生じていた期間中、本件貸付契約中利率及び遅延損害金の割合に関する約定の一部が無効になるものとして是正するのが相当であり、上告人が支払った利息のうち実質貸付額550万円を元本として利息制限法1条1項~を超過した部分は、民法488条又は489条により、本件貸付契約又は本件別口貸付契約の残存元本債務に充当されたものと解するのが相当である。」

【判決の意義】

  1. 反対債権(預金)を相殺ではなく、「即時充当」により処理されるものであると判断している。
    別口債務への充当指定がない場合の超過支払利息は民法489条によって、相殺などの当事者の意思表示が必要な処理ではなく、別口へ「即時充当」されることを判示している。 すなわち、過払い金を拘束預金と考えた場合、新たな貸付に対して過払い金を相殺ではなく「当然充当した上で実質貸付額」を確定されるべきである、と判断している。
  2. 利息制限法の潜脱を許さない統一的解釈の基礎となる判断を行った。
    実際に利用可能な「実質貸付額」と「実際に利用した期間」の2つの要素によって利息制限法の制限利率を超えているか否かを判断するべきであることを明確に判示している。
    すなわち、1150万円の貸付金のうち預金債権600万円を差し引いた550万円が実質貸付額であると判断した。
メールフォームはこちら
TOPに戻る